【ブログとは?】日記とブログの違いや収益化について分かりやすく解説

ブログとは。日記との違い
考えるヒト

ブログって実際なんなの?

日記のこと?

筆者

この記事を書いたブロガーでございます

実際ブログを始めてみて分かってきましたので、なるべく分かりやすく解説していきます

素人や有名人が書いた日記のような記事をブログとしてイメージされている方が多いと思いますが、企業が書いた専門的なサイト含め、全てブログです。

ひとまずWeb上の記事は全てブログと思ってもらって差し支えありません。

要はブログとは、ネットで検索した時に表示される「読者の役に立つ情報が書いてある記事」のことであり、誰が書いたとかは関係ありません。

そしてブログを表示させるベースの検索サイト「Google」は、読者の悩みや疑問に対して最も役立つ記事(ブログ)を提供することを目指しています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

引用元:Google が掲げる 10 の事実

そのためGoogleが「これは読者の役に立つ記事だ」と独自に判断したブログから、検索順位の上位から表示されます。(ちなみに上位表示させる対策のことをSEOと言います)

つまりブログも自己満足的なものではなく、「読者の役に立つこと」を第一に考える必要があります。

タップできる目次

ブログとはなんだろう?

まずは定義的な観点から。

ブログとは?

語源を説明すると、web(ウェブ)log(ログ:記録)の略。

とくに日本においては「ブログ作成サービスを使ったウェブサイト」のことを言います。

《ウェブ上の記録を意味する「ウェブログ」の略》個人の日記などを、簡便な方法で作成し、公開することができるウェブサイトの総称。

引用元:コトバンク公式サイト

ブログ作成サービスの例を挙げると、

  • WordPress
  • Amebaブログ
  • ライブドアブログ
  • note

などで、無料のサービスと有料のサービスがあります。

そして収益化を目的にブログを作るなら、一番聞いたことないと思いますがWordPress(ワードプレス)が一般的です。

ワードプレスはレンタルサーバーを利用するので、月に1,000円前後かかる有料のブログです。

筆者

もちろんこの記事もワードプレスを使って作っていますし、ブロガーと呼ばれるほとんどの人はワードプレスを利用しています

ブログには「日記記事」と「情報記事」がある

ブログにはざっくり「日記記事」と「情報記事」の2種類があります。

ブログには大きく2種類ある

例えば「昨日は起きてゲームして昼寝した」といった日常を綴った日記記事も、ブログ作成サービスを利用していれば立派なブログです。

ただ実際には多くの検索ユーザーに対して、役立つ情報を提供できない日記記事のことをブログと呼ぶことはできないでしょう。

それに対して、

  • 「確定申告の方法」
  • 「合コンで盛り上がる話題10選」
  • 「今年おすすめのアウター」
  • 新作スマホのレビュー

などは情報記事の部類です。

読者の役立つ情報がある情報記事=ブログということになります。

日記とブログの違い

日記とブログの違いを比較してみます。

記事日記ブログ
目的日常の記録収益化
読者ファン悩みや疑問を
もった人
記事内容出来事や
感想
読者に役立つ記事
必要スキル特になしSEO
マネタイズ
ライティング
運営費用無料
(or有料)
有料
千円程度/月
収益性低い
0~数万円
高い
0~数百万円

日記の目的

日記記事の読者層は「ファン」なので、一般の人の日記ブログはほぼ見られない(集客できない)ということになります。

自分に当てはめてみて欲しいんですが、Googleで見ず知らずの人が書いた日記記事を検索することなんかありませんよね。

筆者

知らない人の日常生活や感想では役に立つ情報は提供できません

ただし芸能人や有名人は日記記事を書くことがあります。

ファンなら好きな有名人の日常や感想が気になる人も多く、それだけで価値のあるコンテンツとなり集客力があります。

  • ファンと交流し、新たなファンを獲得するため
  • 宣伝や告知のため

芸能人や有名人の日記記事は、こういった戦略的な意味合いが強くなっています。

ブログの目的

ブログの最終的な目的は収益化するためです。

ではなぜブログがお金を生むのか?を解説していきます。

ブログの収益化とは

ブログはYouTubeと同じで企業の広告によって収益化します。

収益化の方法は主に「アドセンス」と「アフィリエイト」の2種類があります。

まずアドセンスは正式には「Google AdSense」と言い、下のような企業広告のバナーのことです。

アドセンス広告

これがクリックされることで、数十円から数百円の収益が発生します。

そしてもうひとつアフィリエイトの例として、下のようなものはAmazonや楽天の広告という事になりますが、

このバナーを経由して商品が売れれば、商品売上の数パーセントが収益として発生するという仕組みになっています。

筆者

ただ「ペット商品」に今興味ありませんよね?

なぜならこの記事を見ているということは、あなたが「ブログってなんだろう?」という疑問を解決したくてこの記事を見ている真っ最中だからです。

ブログとは「読者の悩みや疑問を解決してあげる」記事のこと

ブログの読者は必ず何かしら疑問や悩みを持っています。

なぜならブログを読むときに、読者はGoogleやYahoo!で調べたい事柄を検索して探します。

参照元:Google

例えば、

  • 「ブログとは」
  • 「ブログ 日記 違い」

とかですね。

この記事に関してはそういうワードで検索した「ブログについて知りたい」という人の参考になるように書いています。

それではひとつの例として、ペットについての疑問ってどういうことがあるでしょうか?

困ったヒト

ペットを飼いたいんだけど何か必要なものってある?

ペットのエサ代って月どのくらい?

おすすめのペットフードは?

この読者はおそらくこんなキーワードで検索するはずです。

  • 「ペット 飼い方」
  • 「ペット エサ代 いくら」
  • 「ペットフード おすすめ」

こんな読者の疑問を解決してあげる記事が「ブログ」ということになります。

筆者

ペットを飼っている人にとってはそんなに難しいことではないですよね?

お友達に教えてあげる感覚で記事を書いてみましょう。

例えばこんな内容のブログです。

ペットブログの例
  • 猫のペットフードなら○○がいいんじゃないかな?
  • 価格は○○円で、他の商品と比べてお得だよ。
  • うちの猫はこんな感じで美味しそうに食べるよ。
  • Amazonで買えるから重い袋を運ばなくて大丈夫ですよ。

これだとAmazonや楽天のペット商品のバナーがあると、購入してくれる人もいますよね。

むしろ無いとせっかく良い商品教えてもらったのにまた探さないといけなくなるので、バナーがあると読者は喜んでくれますよね。

つまり何回も言うようですが、ブログとは「読者の悩みや疑問を解決してあげる」記事ということになります。

【ブログとは?】日記とブログの違いや収益化について分かりやすく解説:まとめ

ブログとは?まとめ
  • 日記記事は一部有名人が書く程度
  • ブログとは「読者の悩みや疑問を解決してあげる記事」のこと

疑問や悩みを解決といっても、そんなに堅苦しいことを書く必要はありません。

自分がちょっとだけ人より詳しいことを教えてあげることが大切です。

なぜなら自分が過去に悩んだり、疑問に感じたことはだいたい他の人も経験するからです。

ブログを始めるにあたりオススメの参考書をご紹介します。

始め方や稼ぎ方、コツといった内容が体系的に学べます。

すぐにブログを始めてみたい!という方はワードプレスブログの始め方の手順に沿っていけば簡単に開設出来ます。

サラリーマンの副業にブログがおすすめでは、ブログの収入やメリットなどをご紹介しています。

*記事内容に関して、掲載商品の効果・効能があることを保証するものではありません。購入にあたっては各商品に記載された説明をご確認ください。なお記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が当サイトへ還元されることがあります。

よかったらシェアしてね!
目次へ戻る
タップできる目次
閉じる