【ワードプレステーマ】おすすめは?ブログ初心者にはSWELLやJINなど

困ったヒト

ワードプレスでブログを作りたいけどテーマはどれが良いの?

いろんなテーマがあって選べない。

テーマ選びに失敗したくない。

こんな疑問や悩みにお応えしていく記事です。

WordPressブログを始めるのに「テーマ選び」はかなり重要です。

テーマ選びに失敗すると、以下のようなデメリットが起こる危険性があります。

  • ダサい見た目のブログ
  • 執筆にめちゃくちゃ時間がかかる
  • SEOで上位表示されにくい

逆にブログ制作において優秀なワードプレステーマには以下のようなメリットがあります。

  • 自分好みのデザインにできる
  • 執筆時間が短縮できる
  • お金が稼ぎやすくなる
筆者

ブログ記事は自分にとって「作品」みなたいものです。

良い作品を作るには、良い道具(=テーマ)を使うことが大切ですね。

この記事でわかること
  • どんなテーマがブログに適しているかわかる
  • ブログにおすすめのテーマがわかる
ブログにおすすめのワードプレステーマまとめ

1.カスタマイズ性高く使い心地抜群

SWELL(スウェル)

2.ブログらしいブログ作るなら

JIN(ジン)

3.スタイリッシュなデザイン

【THE THOR(ザ・トール)】

無料テーマから選ぶなら

Cocoon(コクーン)

タップできる目次

ブログに適したWordPress(ワードプレス)テーマとは?

ブログに適した「ワードプレステーマ」はざっくりと以下のようなものです。

  1. ユーザーが多い
  2. オシャレ感を出せる
  3. SEO対策が施されている
  4. 複数サイトで使い回せる
筆者

厳しいようですが、個人的にはこの4つがクリア出来ないテーマは論外です

一つずつ見ていきましょう

ユーザーが多い

ワードプレステーマを選ぶ際、ある程度メジャーなテーマを選ぶようにしましょう。

理由は以下の通り。

  • 困った時にGoogle検索すれば解決する可能性が高い
  • TwitterなどのSNSで有益な情報発信をしている人がいる
  • 人のブログを参考に出来る

操作や手順が分からずに、そのままリタイアしてしまうブロガーが後を絶ちません。

また人気のテーマだと「こんなカスタマイズが出来るよ~」と情報発信してくれる人が結構います。

筆者

人のブログを見てみて「こういうデザインいいな~」というものに近いテーマを選ぶというのもありですね。

オシャレ感

第一印象で読者を惹きつけるくらい、パッと見てオシャレなのは強みになります。

読者は「読みづらそうだな~」と思うと一瞬でページを閉じてしまいます。

ではどうやったら読まれる記事になるのか、一番簡単で大切なのは「装飾(そうしょく)を施すこと」です。

装飾が無いと「新聞」みたいな無機質な見た目になります。

これと全く同じ文章を使っても、「装飾をしてみる」とこうなります。

ワードプレステーマ「SWELL
筆者

内容はもちろん、見た目も大事です。

この装飾が簡単に出来るテーマが良いですね。

SEO対策

SEO対策とは

SEO対策=検索エンジン最適化

GoogleやYahoo!の「検索結果の上位に」記事を表示させるようにすること。

ワードプレステーマが行うSEO対策の中で、影響が大きいのが以下の内容です。

  • ページの表示速度
  • レスポンシブデザイン

この2つはGoogleからの評価を上げるためには特に重要です。

ただSEO対策の本質は「良い記事を書くこと」です。

ワードプレステーマに依存するSEO効果は限定的だと言えます。

「コンテンツ イズ キング」といわれる今、テーマによるSEOの差はほとんどありません。

引用元:SWELL公式サイト
筆者

この記事でご紹介するテーマに関しては、どれもSEO対策が施されたテーマなので安心して下さい。

複数のサイトで使いまわせるか

最近では「特化型ブログ」の重要性が増しています。

なぜならGoogleがより専門性の高いブログを上位表示させる傾向にあるからです。

以前は雑記ブログのように、「一つのブログ内」においてカテゴリー分けしていました。

ところが専門性が重要視されている現在では、カテゴリーごとにブログ自体を分ける必要性が出てきています。

要はブログを継続していると今後「複数ブログを運営する可能性がある」ということです。

ワードプレステーマには「複数ブログに使い回してOK」なテーマとそうでないテーマがあります。

使い回せない具体的なテーマ名を挙げると「」などですね。

1回の購入で1サイトにご利用可能です。

引用元:OPEN CAGE公式サイト

複数のサイトを作る予定の無い場合は、特に気にしなくて大丈夫です。

比較的価格が安価に設定されているので、まずは初期費用を抑えて一つのサイトを運営する場合には選択肢に入れても良いでしょう。

有料テーマと無料テーマどっちが良いか?

基本的にHTMLやCSS、JavaScriptやPHPの知識があれば「無料テーマでもOK」です。

特に無料テーマの中では機能面やユーザー数でおすすめのテーマはCocoon(コクーン)です。

無料の「Cocoon(コクーン)」は素晴らしいテーマではあるんですが、有料テーマのメリットは魅力です。

有料テーマのメリット
  • デザインがオシャレなので、読者に読んでもらいやすい
  • 機能面が充実していてやりたい事が手早く出来るので、時間短縮になる
  • 運営がサポートしてくれるテーマも多い

無料テーマでも自力でカスタマイズすれば出来ますが、それなりに知識や検索する時間が必要です。

筆者

ブログ本来の目的は記事を書くことなので、難しいカスタマイズのことはお金で解決しましょうという感じですね。

初心者の内は特にそういったことに時間を取られて、ブログ記事が執筆出来なくなるのは勿体ないです。

逆にマークアップ言語やプログラミング言語の知識があったり、色んなことを学びながらブログをしたいという方は無料テーマでOKです。

初心者ブロガーにおすすめの有料WordPress(ワードプレス)テーマ3選

それでは初心者ブロガー向けオススメWordPressテーマ3選をランキング形式でご紹介します。

テーマ選びの注意ポイント

公式サイトからデモサイトが見れますので、確認して自分のブログをイメージしてみると良いと思います。

ただ見た目の印象は、使用してある「画像」や「色使い」にかなり引っ張られます。

可愛い画像を使用していれば可愛く、オシャレな画像を使用していればオシャレに、と見えてしまいます。

ですので見た目のイメージも大切ですが、「サムネイルの配置やピックアップ記事の出し方」など色んな視点で見てみましょう。

3位_THE THOR(ザ・トール)

参照元:THE THOR公式サイト
テーマ名THE THOR
ザ・トール
価格16,280円(税込)
複数ブログでの使用可能
デザインスタイリッシュ
着せ替え機能
レスポンシブデザイン
ブロックエディタ×
ユーザー数少ない
サポート会員フォーラム
メールサポート

THE THOR(ザ・トール)のデメリットとして現時点では「最新のブロックエディタを推奨していない」こと。

ただワードプレス公式の説明では2022年までは従来の「クラシックエディタ」もサポートするとあります。

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。

引用元:プラグインClassic Editor

SEO対策にこだわった多機能テーマ

THE THOR(ザ・トール)はSEO対策に強いこだわりがあるテーマです。

特にGoogleが推奨する「PWA」や「AMP」といった、WEBページを高速表示させる技術をいち早く導入しています。

表示速度が速いとGoogleからの評価が上がったり、読者の満足度を上げる効果がありSEOに有効だと言われています。

ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します。

引用元:Googleウェブマスター向け公式ブログ

また「ランキング作成機能」や「集客・収益支援システム」など、アフィリエイトに役立つ機能で収益化をサポートしてくれます。

デザイン面では「着せ替え機能」があり、プロが作成したデザイナーズサイトを選ぶことが出来ます。

筆者

現時点でブロックエディタを使いたいという方はやめたほうがいいですね。(今後対応してくる可能性はありますが)

デザインや収益化の機能は豊富なので、スタイリッシュで多機能なテーマが欲しい方へおすすめ。

2位_JIN(ジン)

参照元:JIN公式サイト
テーマ名JIN
ジン
価格14,800円(税込)
複数ブログでの使用可能
デザインPOP
可愛い
着せ替え
ブロックエディタ
レスポンシブデザイン
ユーザー数多い
サポートフォーラム

デメリットとしてページの表示速度は他のテーマに劣りますが、個人的にはそこまで気になるほど遅いとは感じません。

SEO的にもJINで上位表示されている方も多いので、大問題かと言われればそんなことはないと思います。

クセのないスタンダードなテーマ

特徴としては、良くも悪くもクセのない「ブログらしいブログ」が作れるテーマです。

着せ替え機能があって初心者にとってはスムーズにデザイン出来ます。

またユーザー数が多く、その分色んな操作であったりカスタマイズの情報がネットで拾えます。

筆者

デザインなどにこだわって差別化を図りたい人には物足りない可能性はあります。

ただ初心者で他にピンとくるテーマが無ければ「JIN」が無難でおすすめです。

1位_SWELL(スウェル)

参照元:SWELL公式サイト
テーマ名SWELL
スウェル
価格17,600円(税込)
複数ブログでの使用可能
デザインシンプル
おしゃれ
リッチ
着せ替え
ブロックエディタ
レスポンシブデザイン
ユーザー数そこそこ
サポートフォーラム

デメリットとしては価格設定が少し高めで、逆に言えばそこくらいしかケチをつけるところがありません。

使い心地抜群!自分好みのブログが作れる

SWELL(スウェル)は2019年に発売された比較的新しいテーマですが、初心者~上級者まで高い評価を得る今もっとも勢いのあるWordPressテーマです。

その理由はカスタマイズ性能の高さにあります。

ブログとはデザインが全く違う企業のホームページも作れてしまうくらい、カスタマイズ性能が高いです。

自分好みのブログにカスタマイズ出来ることは、差別化を図る上でも大切です。

しかも他テーマでHTMLやCSSを必要とするデザインのカスタマイズも、「SWELL」はマウス操作のみで出来ることが多いです。

もう一つの強みはブロックエディタに完全対応している事です。

ブロックエディタとは

WordPressの最新エディタ(文字を打ち込む画面)のこと。

従来のクラシックエディタに比べ直感的な操作で分かり易く、記事執筆がスムーズ。

初心者がこれからブログを始めるならブロックエディタがおすすめ。

他テーマではブロックエディタに対応しているといっても、実際はクラシックエディタでしか出来ない機能があったりします。

筆者

サポートフォーラムも活発で充実していて安心です。

アップデートも頻繫で、制作陣の熱量が感じられます。

初心者~上級者まで長く使えるおすすめのWordPressテーマです。

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

【ワードプレステーマ】おすすめは?ブログ初心者にはSWELLやJINなど:まとめ

ブログにおすすめのワードプレステーマまとめ

1.カスタマイズ性高く使い心地抜群

SWELL(スウェル)

2.ブログらしいブログ作るなら

JIN(ジン)

3.スタイリッシュなデザイン

【THE THOR(ザ・トール)】

無料テーマから選ぶなら

Cocoon(コクーン)

WordPressテーマをどれにしたから稼げるとか、このテーマにしたら絶対稼げないというような事はありません。

ただ記事やサイトの作成に集中できるように、なるべく面倒くさい作業を省いてくれるのが有料テーマのメリットです。

テーマが決まったら、収益化のためにASPへ登録しましょう。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる