1年半使った『SWELL』をレビュー!ブログ/企業サイトに【ワードプレステーマ】

ワードプレステーマSWELL
悩むヒト

SWELL(スウェル)って実際どう?

筆者

1年半経過しましたのでレビューしたいと思います!

SWELLにとってはオシャレ・ブロックエディタが使いやすいなんて当たり前ですね。(それだけでも凄いことですが)

そんなことよりも現環境に合わせてどんどん良質なアップデートが入る『開発力の優秀さ』が、本質的に他テーマと比べ優れているポイントだと思います。

公式サイトSWELL
販売元株式会社LOOS
発売2019年3月
スクロールできます
項目評価短評
記事の
書き
やすさ
最新のブロック
エディタ
に完全対応

記事の書きやすさ
は抜群に優秀
価格17,600円(税込)と
やや高めの料金設定
カスタ
マイズ
性能
非常に高い

初心者でもおしゃれなサイトが作りやすい
トップ
ページ
・着せ替え機能
・自分でカスタマイズ
(こっちがオススメ)
装飾機能豊富で記事の
見た目にメリハリが
でやすい

プログラミング知識
ゼロでOK
アフィリ
エイト
多彩なアフィリエイトリンクが可能
表・ボタンなど充実
使用制限100%GPLテーマ

複数サイトで使用可能
なので雑記・特化
ともにOK
支払い
方式
安心の買い切り型

1度購入すれば
以降の出費なしで経済的
サポート
体制
購入者限定の質問
フォーラムあり

アフターケアも
バッチリ

SWELLの特徴はとにかく「標準機能が豊富」。

そのためSEOの観点からは、ページ表示速度が遅くなる原因のプラグインが最低限で済みます。

また2021年には高速化のプロ「スキルシェア」との契約も発表され、SEO対策への本気度を感じます。

筆者

SEOで上位のブログもSWELLがかなり増えてきてますよ

そしてもうひとつ特徴的なこと、SWELLはHTMLやCSSなんて難しいことをしなくてもノーコードでカスタマイズができます。

筆者

初心者でも画像や動画を使えば、シンプルながら目を引くトップページが手軽に作れますよ

  • ブログ作業をなるべく時短したい
  • 将来的に複数のサイトを作りたい
  • テーマのアフィリエイトがしたい
  • ノーコードでコーポレートサイトが作りたい
  • プログラミング知識ゼロでもブログをオシャレにしたい

テーマアフィリエイトのクローズド案件をするには公式サイトからの購入が必要です

タップできる目次

SWELLレビュー【企業向けコーポレート型サイト編】

ワードプレス初心者でも2日で作れたコーポレートサイト

SWELLは会社のコーポレートサイトも作れる ”高性能なテーマ” と評判でした。

高性能な反面、複雑な操作が必要になるのではと不安でしたが、プログラミング初心者の私にとっても「使いやすさ」は申し分ありません。

モデル:トレーニングジム

知識ゼロの素人でしたが制作日数は2日、基本的に備え付けの標準機能を使用するだけで完成しました。

筆者

プログラミング知識ほぼゼロで作れます

\ノーコードでコーポレートサイト制作!/

SWELLレビュー【ブログ編】

トップページが作りやすい

出典元:SWELL公式サイト

SWELLはブログのトップページを2種類の方法で作ることが出来ます。

  1. 着せ替え機能を使う
  2. 自分でカスタマイズする
筆者

トップページをオシャレに作りたいブロガーさんはSWELLで間違いないですよ

トップページデザイン① 6種類の着せ替えデザインから選ぶ

ひとつ目の方法はあらかじめ用意されたシンプル、おしゃれ、可愛いといった6パターンのデザインから選ぶ方法です。

出典元:デモサイト一覧

他の有料テーマでも定番の機能ですね。

筆者

最初からトップページにそこまでこだわらない、という方におすすめの機能です

トップページデザイン② 自分でカスタマイズして作りこむ

やはりSWELLの醍醐味は使いやすいカスタマイズ機能です。

SWELLのブロガーさんってオシャレでオリジナリティのあるサイトが多いですよね。

参照元:SWELLを使ったブログ

SWELLはHTMLやCSSといったマークアップ言語やプログラミングの知識が無くても大丈夫

標準機能が充実していますので、他のテーマに比べて手軽にオシャレなトップページを作ることが可能です。

筆者

私のトップページくらいならサクッと作れましたよ!

\トップページをオシャレに!/

カスタマイズ機能が充実している

トップページのカスタマイズ

こちらがトップページのカスタム画面です。

左側が「カスタムメニュー」右側が「実際のトップページ」です。

カスタムメニューで様々なデコレーションを行い、リアルタイムで実際の画面変化を確認することができます。

トップページのカスタマイズ性能は以下のようなものがあります。

  • 表示ビジュアルの「画像」「動画」選択
  • スライダー機能標準搭載
  • 画像アニメーション(フェード、スライド)
  • ピックアップバナー

通常jQueryのプラグインや、JavaScriptで実装するスライダーもトップページで標準搭載されています。

スライダーは記事のサムネがくるくるスライドしていくやつですね。

筆者

実際の画面変化が確認できるのでカスタマイズしやすいですよ

SWELLは 「サイト型」 のブログも作りやすい

ブログのトップページといえば「新着記事」と「人気記事」が定番です。

SWELLはもちろんそれも出来ますし、サイト型が作りやすいテーマです。

サイト型とは?

カテゴリーやおすすめ記事を整理してトップページに配置してあるブログのこと

ちなみにこのサイトの トップページ は現在こんな感じになっています。

サイト型トップページの例

新着記事が順番に表示される普通のブログと違い、サイト型には以下のメリットがあります。

  • 新着記事に埋もれた昔の記事も読んでもらえる
  • カテゴリー別で整理できるため読者に分かりやすい

せっかくSWELLを使うなら雑記・特化ブログともにユーザビリティの向上が期待できる「サイト型」がおすすめです。

筆者

SEO対策に困っているならトップページをSWELLでサイト型に変えるのはおすすめです

記事ページのカスタマイズ

こちらはSWELL公式サイトの動画で、実際にブロックエディタを使って記事を書く様子です。

ブロックエディタを使う様子

下はSWELLで実際にブログ記事を書く画面(エディタ)です。

左のブロックメニューから文章入力や画像挿入など50種類以上あるブロックを選びます。

そして中央の記事本文へ実際に文章などを入力していきます。

最後に右側の設定から好きなデコレーション(装飾)を選べます。

筆者

「こだわりたいけど難しい操作が苦手」という人にはぜひ使って欲しいテーマです

\プログラミング知識ゼロでOK!/

SWELLのデメリット/メリット

SWELLのデメリット

有料テーマの中では高めの価格17,600円(税込)

SWELLの価格は17,600円(税込み)です。

SWELLデメリットとして有料テーマの中では比較的高めな事が挙げられます。

テーマ価格
賢威27,280円(税込)
Diver17,980円(税込)
SWELL17,600円(税込)
SnowMonkey16,500円(年間)
THETHOR16,280円(税込)
JIN14,800円(税込)
STORK1911,000円(税込)
有料テーマ価格比較
筆者

どんな仕事でも良い成果を出すには ”良い道具” が必要ですよ

私は先行投資と割り切って購入して大正解でした

SWELLのメリット13個

メリット1. ブロックエディタ「Gutenberg」に最適化されている

出典元:SWELL公式サイト

WordPressの記事を書く画面(エディタ)はブロックエディタが標準です。(従来のクラシックエディタを使用される方もいますが)

筆者

特に初心者の方は記事制作が簡単なブロックエディタ一択ですよ

どのテーマもある程度ブロックエディタに対応はしていますが、SWELLの細部までこだわり抜かれたブロックは超優秀です。

「見出し」のような基本的なブロックから、「ボタン」「表」「関連記事」などSWELL独自にカスタマイズされたブロックによって記事がリッチになります。

筆者

開発力の高さでどんどん進化していますので、早めに慣れた方が良いですよ

メリット2. 装飾にCSSが必要ないため、記事を書く時間が減った

デザインより中身が大切なのは当然ですが、装飾も何もない ”新聞” みたいな見た目だと誰も読んでくれません。

SWELLはブロックエディタによってコードを書かなくても装飾をすることが出来るので、装飾時間の短縮につながります。

簡単にメニューバーから装飾を選ぶことが出来るので、以下のようなものはよく使います。

  • リスト
  • リンク
  • 吹き出し
  • アンダーライン
  • 太字やフォントサイズ
筆者

装飾は時間がかかりますからね

SWELLは副業などで時間が無い人にもおすすめです

メリット3. 表が作りやすい

読みやすい記事を作るコツとして表にすることは効果バツグンです。

SWELLは下のような背景色や◯記号を付けた表を、コードやプラグイン無しで作ることが出来ます。


商品A

商品B

商品C
年式少し古い普通最新機能
webカメラ非対応制限付き使用可
画質200px500px1000px
デザイン普通良い微妙
価格5,000円10,000円15,000円
比較表(仮)
筆者

大手サイトにも必ずある競合商品との比較表が作りやすいです

標準機能でここまで表が作り込めるテーマはSWELLだけですよ

メリット4. 余白がつけやすい

余白選択画面

余白” が少ないSEO上位の企業サイトって意外と読みづらかったりしませんか?。

読みやすい記事を作るには余白や文字サイズ、太字、アンダーラインなどほどよく装飾する必要があります。

その点SWELLは余白をはじめとした文字装飾なども、メニューバーからクリックするだけの簡単操作で可能です。

筆者

行間の余白で読みやすい記事が作れますよ

メリット5. ボタンクリック率の計測ができる

SWELLは通常のボタンとは別にSWELLボタンが用意されています。

下のようなボタンもブロックエディタで簡単に作ることが出来ます。

SWELLボタンはアフィリエイトリンクとしても利用可能です。

クリック数などの計測が出来ますので、記事分析をするのに役立ちます。

筆者

「このボタンクリックされてないなー」ということが分かるので、SEO効果に重要なリライト(記事編集)もしやすくなります

メリット6. 複数サイトで使用可能な100%GPLテーマ

SWELLは、WordPressの思想を尊重し、100%GPLテーマとしています。

一度ご購入いただければ、サイトごとのライセンス制限などは一切ございません。
ぜひ、たくさんのサイトでSWELLをご利用ください。

出典元:SWELLの特徴

WordPressテーマの多くは利用できるサイトに制限があり、ライセンス外であればその都度有料テーマを購入する必要があります。

その点SWELLは100%GPLとして、気兼ねなく複数のサイトに利用可能です。

特に最近では特化ブログが流行していますので、複数のサイトを運営する方も増えています。

筆者

2個目、3個目のサイトでも使い回せます!

\複数サイトに利用可能/

メリット7. 1回購入すればそれ以降の出費はない

100%GPLのテーマは他にもありますが、年間毎に支払うサブスクリプション型が多い印象です。

その点SWELLは買い切り型ですので、1回購入すればそれ以降の出費はありません。

筆者

長く使うつもりなら間違いなく買い切り型が経済的ですよ

メリット8. デザイン性が高くモチベーションが上がった

出典元:SWELL公式デモサイト

ブログのデザイン性はワードプレステーマによってほぼ決まります。

シンプルをベースとした無駄のない、それでいて目を引くデザインも作れるSWELLはあらゆるブログテーマと相性が良いですね。

筆者

機能性は申し分ないので、デザインが気に入ったならSWELLでOKだと思いますよ

メリット9. アフィリエイトに向いている

テーマを変えたら稼げるという訳ではありませんが、収益化を目的とするならSWELLはおすすめです。

なぜなら色んなタイプのアフィリエイトリンクが作りやすいからです。

アフィリエイトリンクが貼りやすい
  • バナー型 例)
  • 複数リンク型 例)
  • テキスト型 例)

このドメインは、を使用しています。

  • ボタン型広告 例)

参考:【SWELL】アフィリエイトリンクの貼り方

筆者

主流のテキストタイプのリンクも簡単です

アフィリエイトに最適なテーマです

メリット10. SWELLオリジナルのアフィリエイトがある

下のバナーはSWELLの「広告タグ」を利用して作ったものです。

SWELL専用アフィリエイトがあります。

ASPに登録してもありませんので、購入者限定の特典になります。

自分のブログでSWELLの紹介記事を書いて、購入されれば報酬を得ることが出来ます。

*ASP(もしもアフィリエイト)のクローズド案件を利用してのアフィリエイトになります。

\クローズド案件/

筆者

テーマ代の元も取れるかもしれませんよ

メリット11. アップデートでの進化が凄い

WordPressテーマを選ぶポイントとして、アップデートが無く放置されているテーマは絶対に辞めておいた方が良いです。

WordPressのアップデートが来た際、対応できていないテーマを使ったブログに不具合が発生するのは度々見かけます。

私が使用してきた1年以上、SWELLはアップデートが頻繫にあり安心して使うことができています。

「SWELL ver. 2.5.7 をリリースしました!「ふきだしセット」の管理画面をリニューアルなどです!」

筆者

SWELLを使うようになってからワードプレスのアップデートによる不具合はほぼありません

メリット12. 使い方の情報が調べやすい

SWELLの人気化で利用者が急増していることもあり、

  • 「SWELL 初期設定」
  • 「SWELL プラグイン」
  • 「SWELL サイト型 作り方」

など、Googleで検索をかけるとブログ運営に必要な情報が手に入ります。

*ある程度利用者の多いテーマを使わないと、使い方が分からない時にググっても答えが無くて詰みます。

また購入後には購入者限定の質問フォーラムがあり、より込み入った質問にも対応してもらえます。

SWELLの質問フォーラム
筆者

アフターサポートもバッチリ!

\開発者も回答!/

メリット13. レスポンシブデザインの微調整ができる

多くのネットユーザーはスマホを利用しており、実際私のブログも8割程度はスマホで閲覧されています。

SWELLは様々なデバイス(PC・タブレット・スマホ)ごとに画面サイズを最適化するレスポンシブデザインに対応しています。

レスポンシブデザイン

さらにSWELLは、特に重要なスマホ表示に関して細かく微調整できるようになっています。

例えばスマホのときだけ文章が読みやすいように改行できたり、表を横スクロールできるようにするといった感じです。

筆者

SWELLならスマホでも見やすいサイトが作りやすいですよ

SWELLの口コミ・評判

それではツイッターでの口コミ・評判を見てみます。

不満の口コミ・評判

17600円安くはない買い物

今日もリライト。 テーマ変更するなら記事が少ないうちが良い

好印象な口コミ・評判

テーマをdiver→SWELLに変えたら楽しすぎてモチベーション爆上がり

AFFINGER5を入れていた 趣味ブログを SWELLに変更。ブログで使っても めっちゃいい感じ

過去にいくつもテーマ触ってきましたが一番カスタマイズ幅広い

超アナログ人間のわたしがマニュアルなしでもヨユーで操作できる…!

ブログをswellに切り替えたあたりから、順調に伸びてる

口コミ・評判まとめ
  • 安くない買い物
  • テーマの乗り換えが大変そう
  • diver、AFFINGER5から変更しても良い感じ
  • カスタマイズ幅が広い
  • ブログが順調に伸びている
  • マニュアル無しでも操作できる
筆者

他テーマからSWELLへの乗り換えに不安を感じる人が多いようです

SWELLへ乗り換えやすい他テーマ

他テーマからSWELLへ乗り換える際には、デザイン崩れを防ぐために、以下のテーマについては専用のプラグインが用意されています。

  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR
筆者

徐々に増えていっていますので、最新情報をご確認ください

修正が大変になるので乗り換えは「記事を増やす前」のほうが絶対に楽ですよ

\他テーマからの乗り換えOK/

SWELLの購入方法

それではSWELLの購入方法(本記事)、ダウンロード・インストール・有効化の手順(下部記事)をご説明します。

STEP
SWELL公式サイトへアクセスします
STEP
「購入する」ボタンをクリックします
STEP
「利用規約に同意します」にチェックを入れ
「SWELLを購入する」ボタンをクリックします
STEP
メールアドレス・クレジットカード情報を入力
「支払う」ボタンをクリックし、支払いを完了させます
STEP
ダウンロード

登録したメールアドレスへ「SWELLダウンロードリンク」が送られてきますのでダウンロードします。

以上が購入方法になります。

SWELLはサポートコミュニティがありますので、購入後のアフターフォローが良く安心です。

購入後のダウンロード・インストール手順は下の記事を参考にして下さい。

>>SWELLのダウンロード・インストール・有効化の手順

*記事内容に関して、掲載商品の効果・効能があることを保証するものではありません。購入にあたっては各商品に記載された説明をご確認ください。なお記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が当サイトへ還元されることがあります。

よかったらシェアしてね!
目次へ戻る
タップできる目次
閉じる