【SWELL】ワードプレステーマ|企業サイト&ブログに~評判・レビューなど

悩むヒト

SWELL(スウェル)ってブロガーに人気あるみたいだけど実際どうなの?

企業のHPなんかも作れる?

こんな疑問や悩みにお応えしていく記事です。

筆者

回し者ではありませんので、率直なレビューを心掛けたいと思います

ただ「 もう一度ブログをやり直せ 」 と言われても、 SWELL は間違いなくまた買いますね

SWELL をざっくりご紹介します。

公式サイトSWELL
販売元株式会社LOOS
発売2019年3月
スクロールできます
項目評価短評
記事の
書きやすさ
最新のブロックエディタに完全対応
記事の書きやすさは特筆もの


価格17,600円(税込)とやや高めの料金設定


カスタマイズ
性能
非常に高い
初心者でも人と被らないデザインが作りやすい


トップページ着せ替え機能もしくは
自分でカスタマイズ(やはりこっちがオススメ)


装飾かなり豊富で記事の見た目にメリハリがでやすい
プログラミング知識ゼロでOK


アフィリエイトアフィリンクが作りやすい
アドセンスもショートコードで簡単に呼び出し可


使用制限100%GPLテーマ
複数サイトで使用可能なので雑記・特化ともにOK


支払い方式買い切り型
1度購入すれば以降の出費なし


サポート体制購入者限定の質問フォーラムあり
けっこう親切に教えてくれる


実際に1年ほど使ってみた感想は全てにおいて「高水準」。

良くない点を挙げるとしたら価格設定がやや高いといったところでしょうか。

プログラミング知識ゼロからのスタートだった筆者としては、初心者の方にも自信をもってオススメできるテーマですね。

気になるポイントをまとめてみました。

  • コーポレートサイトも作れるの?
  • ブログ運営に使いやすい?
  • メリットやデメリットは?
  • 口コミや評判は?
  • 導入方法は?

では早速本文に入ります。

タップできる目次

企業向けコーポレート型サイトも作れる ”高性能なテーマ”

ワードプレス初心者でも2日で作れたコーポレートサイト

SWELLはブログよりも複雑なデザインになる、企業のコーポレートサイトも作れる ”高性能なテーマ” と評判でした。

ただ ”高性能なテーマ” って聞くとその反面、複雑な操作が必要になるのでは?

と疑っていましたが、SWELLは初心者だった私でも扱いやすく、シンプルで直感的に操作することが出来ました。

モデル:トレーニングジム

知識ゼロの素人でしたが、

  • 制作日数2日
  • 基本的に標準機能のみを使用

で完成です。

筆者

ブログはもっと簡単に作ることができます

SWELLを使ったブログ運営:レビュー

それでは実際に ”ブログ” を作ってみた感想です。

まずトップページが作りやすい

トップページが見やすく各記事にリンクされていないと、読者はすぐに離脱してしまいます。

SWELLはブログのトップページを2種類の方法で作ることが出来ます。

  1. 着せ替え機能を使う
  2. 自分で好きにデザインする

それぞれ簡単に見ていきましょう。

SWELLのトップページデザインその1:6種類の着せ替えデザインから選ぶ

一つ目の方法はあらかじめ用意された6パターンのデザインから選ぶ方法です。

他の有料テーマでも定番の機能ですね。

出典元:SWELL公式サイト

シンプルなデザインや、可愛い・オシャレなデザインまであらかじめ用意されています。

筆者

公式サイトを見てみるとイメージがしやすくなります

SWELLのトップページデザインその2:自分でカスタマイズして作りこむ

Twitterとかで 「SWELLを使ってる」 と公言されているブロガーさん結構いますよね。

オシャレでオリジナリティのあるサイトが多いと思いませんか?

出典元:SWELL公式サイト

SWELLは ”CSS” とかマークアップ言語の知識が無くても大丈夫。

標準機能だけで、自分なりのカスタマイズが出来ます。

筆者

少なくとも私のトップページは標準機能のみです

カスタマイズ機能が充実している

トップページのカスタマイズ

こちらはSWELLのトップページのカスタム画面です。

画面左側が ”カスタムメニュー”、画面右側が ”実際のトップページ” です。

カスタムメニューで様々なデコレーションを行い、リアルタイムで実際の画面変化を確認することができます。

トップページのカスタマイズ性能は以下のようなものがあります。

  • 表示ビジュアルの「画像」「動画」選択
  • スライダー機能標準搭載
  • 画像アニメーション(フェード、スライド)
  • アニメーションの時間など
  • スクロールボタン
  • オーバーレイカラーの不透明度
  • ピックアップバナー

通常jQueryのプラグインや、JavaScriptで実装するスライダーもトップページで標準搭載されています。

スライダーは記事のサムネがくるくるスライドしていくやつですね。

筆者

操作が難しくないので、ついデザインを作りこんでしまいます

SWELLは ”サイト型” のブログも作りやすい

ブログのトップページといえば「新着記事」と「人気記事」が定番です。

もちろんSWELLはそれも出来ますし、”サイト型” に仕上げることも可能です。

サイト型とは?

カテゴリーごとや、おすすめ記事を整理してトップページに配置してあるブログのこと

ちなみにこのサイトの トップページ は現在こんな感じになっています。

サイト型トップページの例

新着記事が順番に表示される普通のブログと違い、こんなメリットがあります。

  • 新着記事に埋もれた ”昔の記事” も読んでもらえる
  • カテゴリー別などで整理できるので読者に分かりやすい

とくに ”雑記ブログ” なんかは、ごちゃつき易いのでサイト型がおすすめです。

筆者

私は絶望的にセンスがありませんが、それなりのものになりました

記事ページのカスタマイズ

こちらはSWELL公式サイトの動画で、実際に ”ブロックエディタ” を使って記事を書く様子です。

ブロックエディタを使う様子

左側に ”ブロックメニュー”、中央が ”記事” 、右側が ”設定” エリアです。

右側の ”設定” から好きなデコレーションを選べます。

これにより直感的におしゃれな「装飾」を、マウス操作で施すことができます。

筆者

”吹き出し” や ”表” 、”リスト” などがすぐに呼び出せます

SWELLのデメリット

デメリット:有料テーマの中では高め

SWELLの価格は17,600円(税込み)です。

SWELLのデメリットは有料テーマの中では、比較的高めな事です。

主な有料テーマと比較してみます。

テーマ価格
賢威27,280円(税込)
Diver17,980円(税込)
swell17,600円(税込)
SnowMonkey16,500円(年間)
THETHOR16,280円(税込)
JIN14,800円(税込)
STORK1911,000円(税込)
有料テーマ価格比較
筆者

仕事で良い成果を出すには ”良い道具” が必要です

SWELLのメリット

メリット1.今後の主流、ブロックエディタ「Gutenberg」に完全対応している

出典元:SWELL公式サイト

WordPressは2018年から、ブロックを使ったエディタを標準としています。

このブロックエディタに対応していないWordPressテーマに関しては現在、ClassicEditorというプラグイン機能をインストールして対応するのが主流ですが、このクラシックエディタは2022年にはサポートが終了します。

つまり近い将来、どのWordPressテーマも ”ブロックエディタ” に対応するよう変わっていきます。

その点SWELLは2019年にリリースされた比較的新しいWordPressテーマで、ブロックエディタに完全対応している数少ないテーマです。

今のうちからSWELLでブロックエディタに慣れておきましょう。

SWELLはクラシックエディタにも対応しています。

筆者

とくに初心者の方が今から始めるなら ”ブロックエディタ” 対応テーマをおすすめします

メリット2.装飾にCSSが必要ないため、記事を書く時間が減った

SEOではコンテンツ・イズ・キング(記事内容が1番大切)といった考えがあるように、デザイン(装飾)にかける時間はなるべく少なくした方が記事制作に時間を割けます。

ただ装飾も何もない ”新聞” みたいな見た目だと、そもそも誰も読んでくれませんので対策は必要です。

SWELLは ”ブロックエディタ” によって、コードを書かなくてもマウス操作で直感的に装飾することが出来るので、装飾時間の短縮につながります。

簡単にメニューバーから装飾を施すことが出来るので、以下のようなものはよく使います。

  • 引用
  • リスト
  • リンク
  • 吹き出し
  • アンダーライン
  • 太字やフォントサイズ
筆者

時間のかかる装飾はSWELLの機能に頼ってます

メリット3.表が作りやすい

読者に読みやすい記事を作るコツとして ”表にする” ことは効果バツグンです。

SWELLは下のような表を ”コード不要” で作ることが出来ます。

スクロールできます

おすすめ度
ブランド A社 B社 C社 D社 E社
価格(税込) 10,000円 8,000円 7,000円 5,000円 4,000円
操作性
重量1.23kg1.5kg1.77kg1kg1.2kg
バッテリー10時間6時間5時間5時間5時間
例) 比較表
画像出典元:Amazon
筆者

アップデートでこの機能が追加された時は感動しました

メリット4.余白がつけやすい

余白選択画面

検索上位に表示される企業が作ったサイトって、意外と読み辛かったりしませんか?

それは ”余白” が少ないからです。

個人ブログが企業と戦おうとすると、読者満足度を上げるのは必須です。

SWELL ”余白” もメニューバーからクリックするだけで、付けることが出来ます。

筆者

行間の余白は多用しますのでかなり助かってます

メリット5.ボタンクリック率の計測ができる

SWELLは通常のボタンとは別に、”SWELLボタン” が用意されています。

下のようなボタンも ”ブロックエディタ” で簡単に作ることが出来ます。

SWELLボタンはアフィリエイトリンクとしても利用可能です。

クリック数などの計測が出来ますので、記事分析をするのに役立ちます。

筆者

よくAmazonのアフィリエイトリンクを作るのに使用しています

メリット6.複数サイトで使用可能な100%GPLテーマ

SWELLは、WordPressの思想を尊重し、100%GPLテーマとしています。

一度ご購入いただければ、サイトごとのライセンス制限などは一切ございません。
ぜひ、たくさんのサイトでSWELLをご利用ください。

出典元:swell公式HP

WordPressテーマの多くは利用サイト数に制限があり、その都度有料テーマを購入する必要があります。

その点SWELLは100%GPLとして、複数のサイトに利用可能です。

特に最近では ”特化ブログ” が流行していますので、複数のサイトを運営する方も増えています。

筆者

Web制作でも有利な条件です

メリット7.1回購入すればそれ以降の出費はない

100%GPLのテーマは他にもありますが、年間毎に支払うサブスクリプション型が多い印象です。

その点SWELLは買い切り型ですので、1回購入すればそれ以降の出費はありません。

筆者

長く使うつもりなら ”買い切り型” がおすすめ

メリット8.デザイン性が高くモチベーションが上がった

出典元:SWELL公式サイト

ブログはテーマによってデザイン性が大きく変わります。

目指してるブロガーさんがSWELLを使っていたり、公式のデモサイトのデザインが気に入ったなら、買って損はないかと思います。

筆者

私はSWELLのシンプルなデザインが気に入ってるので、ブログ制作のモチベーションが上がりました

メリット9.アフィリエイトに向いている

テーマを変えたら稼げるという訳ではありませんが、収益化を目的とするならSWELLはおすすめです。

なぜなら色んなタイプのアフィリエイトリンクが作りやすいからです。

アフィリエイトリンクが貼りやすい
  • バナー型 例)
  • 複数リンク型 例)
  • テキスト型 例)

このドメインは、を使用しています。

参考:【SWELL】アフィリエイトリンクの貼り方

筆者

主張の強いバナー型よりは、自然なテキストタイプをSWELLでは簡単に作れるのでよく使っています

メリット10.SWELLオリジナルのアフィリエイトがある

下のバナーは SWELL の「広告タグ」を利用して作ったものです。

SWELLは専用アフィリエイトがあります。

ASPに登録してもありませんので、購入者限定の特典になります。

自分のブログでSWELLの紹介記事を書いて、購入されれば報酬を得ることが出来ます。

筆者

テーマ代の元も取れてしまうかもしれませんよ

メリット11.アップデートでの進化が凄い

ワードプレステーマを選ぶポイントとして、アップデートが無く放置されているテーマはやめておいた方が無難です。

SEO対策も日々進化していく中で、完成されたテーマなどないはずです。

SWELLはアップデートが月に何回か実施されるほど頻繫にあります。

SWELL ver. 2.3.9 をリリースしました! ・テーブルブロックの機能拡張 ・「折り返し禁止」書式ツールを追加 などなどです!

筆者

SWELL制作陣営の熱意は素晴らしいものがあります

メリット12.使い方の情報が調べやすい

SWELLの人気化で利用者が急増していることもあり、

  • 「SWELL 初期設定」
  • 「SWELL プラグイン」
  • 「SWELL サイト型 作り方」

など、Googleで検索をかけるとブログ運営に必要な情報が手に入ります。

また購入後には購入者限定の質問フォーラムがあり、より込み入った質問にも対応してもらえます。

SWELL の質問フォーラム
筆者

アフターサポートの良さもファンが多い理由ですね

SWELLの口コミ・評判

それではツイッターでの口コミ・評判を見てみます。

不満の口コミ・評判

テーマの変更大変そうだけど、おしゃれなブログ憧れる

記事内修正がめんどくさいけど、少ないから頑張る

ブログのレイアウトいじってたら、あっという間に時間が経ってた

好印象な口コミ・評判

記事が少ないうちに変更してよかった

AFFINGER5を入れていた 趣味ブログのWordPressテーマを SWELLに変更。ブログで使っても めっちゃいい感じ

ブロックエディタ、めちゃんこ書きやすくて

口コミ・評判まとめ
  • テーマの乗り換えが大変そう
  • AFFINGER5から変更しても良い感じ
  • ブロックエディタが書きやすい
筆者

他テーマからSWELLへの乗り換えに不安を感じる人が多いようです

SWELLへ乗り換えやすい他テーマ

他テーマからSWELLへ乗り換える際には、デザイン崩れを防ぐために、以下のテーマについては専用のプラグインが用意されています。

  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR
筆者

徐々に増えていっていますので、最新情報をご確認ください

SWELLの購入方法

それではSWELLの購入方法をご説明します。

STEP
swell公式HPへアクセスします
STEP
「購入する」ボタンをクリックします
STEP
「利用規約に同意します」にチェックを入れ
「SWELLを購入する」ボタンをクリックします
STEP
メールアドレス・クレジットカード情報を入力
「支払う」ボタンをクリックし、支払いを完了させます
STEP
ダウンロード

登録したメールアドレスへ「SWELLダウンロードリンク」が送られてきますのでダウンロードします。
またサポートコミュニティや相談フォーラムへの参加に「購入者限定パスワード」が必要ですので大切に保管しておきます。

以上が購入方法になります。

SWELLはサポートコミュニティがありますので、購入後のアフターフォローが良く安心です。

購入後の手順は下の記事を参考にして下さい。

<ブログ開設全手順>

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる