【SWELL】アフィリエイトリンクの貼り方まとめ|テキスト型も広告タグで簡単

アフィリエイトリンクの貼り方
考える人

SWELLでアフィリエイト広告ってどうやって貼るの?

何かコツがあれば知りたい。

ブログでよく使う「アフィリエイトリンクの貼り方」はざっくりと4パターンあります。

この記事でわかること
  • バナー型広告の貼り方 例)
  • 複数リンク型広告の貼り方 例)
  • テキスト型広告の貼り方 例)

ウォーターサーバーならがおすすめです。

  • ボタン型広告の貼り方 例)

私はブログ開設当初バナー型の広告を使っていましたが、結局ほぼやめました。

最近の読者はデカデカと広告が貼ってあるブログを嫌います。

おすすめの貼り方もご紹介しますので参考にして下さい。

筆者

アフィリエイトをするためのASPはたくさんあります。

その中でも以下の3つは、多くのブロガーが利用する必須のASPです。

以下の環境での作業を前提としています。

WordPressテーマSWELL
エディタブロックエディタ

アフィリエイトを始めるにあたって、ワードプレステーマSWELLはおすすめです。

テーマ選びに迷われているのでしたら、参考にしてみてください。

目次

ブログにアフィリエイト広告を貼る方法

バナー型広告の貼り方

画像付き広告のことで、最近ではGIFアニメーションが使ってあったりします。

バナー型広告
STEP
ASPへ登録する

へアクセスし、無料登録する。

A8.netは東証一部上場企業のファンコミュニケーションズが運営しています。

業界再大手のASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)になります。

ブログ界隈で最もメジャーなASPです。

STEP
広告を探す

例として、検索に「エックスサーバー」と入力します。

「詳細を見る」をクリック。

STEP
提携する

「提携申請する」をクリック。

STEP
広告リンクをコピーする

「広告リンク作成」をクリック。

好きなバナー型広告を選び、「素材をコピーする」をクリック。

STEP
WordPressに貼り付ける

WordPressへログインし、記事を書くエディタ(編集画面)へ入る。

+(ブロックを追加)>「カスタムHTML」を選択する。

先ほどコピーした素材を貼り付ける。

以上でバナー型広告の貼り付けは完了です。

ウェブサイト上ではこのように表示されます。

バナー型広告のメリット
  • 画像付きでサービス内容がイメージしやすい
バナー型広告のデメリット
  • 広告感が強い

バナー型広告は画像付きでイメージしやすい反面、広告の主張が強めです。

人によっては押し売りされている感覚を持つ方も…

筆者

とくに「Googleアドセンス」と併用する場合は、ブログが広告だらけにならないように気を付けましょう。

複数リンク型広告の貼り方

複数リンク型広告
STEP
ASPへ登録する

へアクセスし、無料登録する。

もしもアフィリエイトはAmazonや楽天の商品を売るのにおすすめのASPです。

複数リンク型が作れますし、比較的Amazonと提携しやすいといった特徴があります。

*楽天と違いAmazonと提携するには割と厳しい審査がありますが、直接Amazonに申し込むよりもを経由したほうが比較的受かり易いという声が多いです。

筆者

ブログ初心者にとってAmazonアソシエイトに合格するのは簡単ではありませんので大きなメリットです

まずはを経由して Amazon商品の販売を目指しましょう

STEP
楽天・Amazon・Yahooと提携する

「検索欄」か「楽天バナー」から楽天のプロモーションページへ入る。

「提携申請する」をクリックし、楽天と提携する。

「Yahooショッピング」も検索欄から検索し提携しましょう。

Amazonに関しては、審査がありますので申請しましょう。

STEP
かんたんリンクをクリック

トップページの「楽天市場・Amazonかんたんリンク」をクリックする。

例として、検索欄に「水」と打ち込んで検索します。

つぎに商品を選び、写真部分をクリックします。

「全文コピー」をクリックする。

STEP
WordPressに貼り付ける

WordPressへログインし、記事を書くエディタへ入る。

「ブロックの追加」 > 「カスタムHTML」をクリック。

「HTMLを入力」欄へ先ほどコピーしたコードを貼り付ける。

以上で複数リンク型広告の貼り付けは完了です。

ウェブサイト上ではこのように表示されます。

*確認したい場合は上の画像の「プレビュー」をクリックすれば見れます。

複数リンク型広告のメリット
  • 読者が好きなECサイトへ行きやすく、購入されやすい
複数リンク型広告のデメリット
  • スマホで見ると割と大きめ

楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングのリンクを同時に貼れるメリットは大きく、商品紹介では多くのブロガーが利用しています。

またAmazonアソシエイトの審査に受からない、という方はを試してみることをおすすめします。

筆者

多くの読者にとって、大手ECサイトの選択肢が複数あったほうが購入しやすくなります

収益につながる可能性も上がりますね

テキスト型広告の貼り方

次のテキスト型リンクは の部分がアフィリエイトリンクになっています。

テキスト型広告

ウォーターサーバーならがおすすめです。

筆者

読者にも自然と受け入れられ易いアフィリエイトリンクと言えます

テキスト型広告には貼り方が2種類あります。

貼り方1>基本的にはこっちでOK

・ASPのテキストリンクコード(素材)をコピーしてそのまま貼る

貼り方2>同じ名前のアフィリエイトリンクがたくさんある場合に便利

広告タグを使って貼る

例えば記事の中にというアフィリエイトリンクがたくさんあったとします。

そんなとき、別の名前に変更するなどコードに変更があった場合、貼り方1はひとつひとつ大量のリンクを貼り直す必要があります。

その点「広告タグ」を使った貼り方であれば元コードを変更すれば全てのリンクが自動的に変更されるので便利です。

それでは手順を解説します。

貼り方1(そのまま簡単に貼る方法)

STEP
ASPへ登録する

へアクセスし、無料登録する。

afb(アフィビー)は(株)フォーイットが運営しています。

個人的におすすめのASPになります。

エーハチネットで通らなかった案件が通ったり、誕生日にオリジナルアイコンが貰えたりします。

(ちなみにこの記事最初の「考えるお兄さん」のアイコンはafbで誕生日に貰いました)

報酬+消費税10%で支払われるのも嬉しいポイントです。

STEP
広告を探す

例として、検索に「クリクラ」と入力します。

STEP
提携する

「提携申請」をクリック。

「提携申請はこちら」 > 「提携中のプロモーションはこちら」とクリックします。

STEP
広告リンクをコピーする

「広告原稿一覧」をクリック。

「テキスト原稿」をクリック。

「広告原稿(リンクコード)取得」をクリック。

「通常リンクコード」をコピーします。

STEP
呼び出しコードを貼り付ける

文章を入力し、任意の場所に貼り付ける。

*カスタムHTMLは使いません

BSやDELETEキーで位置を調整します。

ウォーターサーバーならがおすすめです。

貼り方2(広告タグを使った貼り方)

STEP
WordPressの「広告タグ」を使う

WordPressへログインし、「広告タグ」>「新規追加」をクリックする。

STEP
広告コードを貼り付ける

タイトルを決め、「テキスト型」を選択する。

広告タグ欄へ「先ほどコピーしたコード」を貼り付ける。

右側にある「公開」をクリックする。

STEP
呼び出しコードをコピーする

「広告タグ」>「広告タグ」とクリックし、呼び出しコードをコピーする。

STEP
呼び出しコードを貼り付ける

先に文章を入力し、任意の場所に「呼び出しコード」を貼り付ける。

以上でテキスト型広告の貼り付けは完了です。

ウォーターサーバーならがおすすめです。

テキスト型広告のメリット
  • 押し売り感がない
テキスト型広告のデメリット
  • テキスト広告が無い案件がある
筆者

オススメのアフィリエイトリンクです。

最近のトレンド的には文章に自然に入っている方が良いでしょう。

ボタン型広告の貼り方

ボタン型広告
STEP
ASPへ登録する

へアクセスし、無料登録する。

複数リンク型広告に続きを使っていきます。

今回は「どこでもリンク」を使います。

商品ページだけでなく、検索結果ページにもリンクを貼れるのでボタン型と相性が良いですよ。

筆者

通常のアフィリエイトに加え、Amazonや楽天の物販系アフィリエイトでも使いやすいですね

STEP
楽天・Amazon・Yahooと提携する

「検索欄」か「楽天バナー」から楽天のプロモーションページへ入る。

「提携申請する」をクリックし、楽天と提携する。

「Yahooショッピング」も検索欄から検索し提携しましょう。

Amazonに関しては、審査がありますので申請しましょう。

STEP
どこでもリンクをクリック

トップページの「楽天市場」をクリックする。

「どこでもリンクへ」をクリックします。

例として、検索欄に「 ブログ 本 」と打ち込んで検索します。

つぎに「URL」を選択してコピーします。

もしもアフィリエイトへ戻り①「リンク先URL」へ先ほどコピーした楽天のURLを貼り付ける。

②「リンクテキスト」を決める(ボタンに表示される文章)

③「どこでもリンクを作成する」をクリックする

④ソース欄のコードを選択してコピーする

STEP
WordPressに貼り付ける

WordPressへログインし、記事を書くエディタへ入る。

「ブロックの追加」 > 「SWELLボタン」をクリック。

①SWELLボタンをクリックする。(画面右側でSWELLボタンの詳細設定が出来るようになる)

②「広告タグを直接入力」欄へ先ほどコピーしたコードを貼り付ける。

以上でボタン型広告の貼り付けは完了です。

ウェブサイト上ではこのように表示されます。

*詳細設定で「キラッと」、ボタンカラー「青」を選んでみました。

こんなのもよく使いますね。(Amazon系も同様の手順で作れますが、からAmazonアソシエイトの審査に合格する必要があります。)

ボタン型広告のメリット
  • 検索結果ページへ飛ばすことができる
ボタン型広告のデメリット
  • クリックできるものだと気付いてもらえないことがある
筆者

紹介商品以外も購入されることがあるので、「複数リンク型の個別商品+ボタン型の検索結果ページ」というのもアリかと思います

【SWELL】アフィリエイトリンクの貼り方|テキスト型も広告タグで簡単:まとめ

アフィリエイトリンクの貼り方まとめ

バナー型広告、テキスト型広告におすすめ

複数リンク型広告におすすめ

ボタン型広告におすすめ

アフィリエイトリンクはバナー型でもテキスト型でも、結局は読者が分かればそれで大丈夫です。

ただ最近は広告を嫌う読者もいるのは事実なので、バナー型よりは文章へ自然に入れれるテキスト型のほうが需要は高い印象です。

複数リンク型、ボタン型はECサイト経由の商品紹介には必須なのでどんどん活用しましょう。


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる