【初心者のダンベル選び】男性が自宅トレーニングで使う重さの目安は?

筋トレに燃える人

自宅でダンベルトレーニングしたいけど、初心者で何キロが良いか分からない。

どんなダンベルを選ぶのがおすすめ?

こんな悩みや疑問にお応えしていく記事です。

自宅で健康的な体作りをするのにダンベルトレーニングは効率的に筋力がアップするのでおすすめです。

ただ選び方を間違えてダンベルを購入してしまうと、

  • 重過ぎて使えない
  • 失敗したとき処分に困る
  • パワーアップした後に重量が物足りなくなる

こうならないように注意が必要です。

筆者

ダンベルは重くて送料が高いので「メルカリ」などで売り捌こうとしても大変ですよ(経験済み)

「40㎏が良い」とか「20㎏じゃ軽すぎる」みたいな話しもありますが、人によっては10㎏でもかなり重たく感じると思います。

結論として初心者向けには概ね片手15~20kg程度の「可変式ダンベル」を推奨します。

(*定期的に筋トレを行いガッツリ筋肥大を目指すなら30㎏、40㎏でもOKです。)

片手15kg~20kgの可変式ダンベル
  • 初心者にとって適正な重さは使ってみないと分からない
  • 重量選定ミスのリスクが減る(大は小をかねる)
  • 無駄に重過ぎない

こんな理由があるからですね。

ただ固定式ダンベルも十分検討するだけのメリットはあります。

固定式ダンベル
  • まったりトレーニングする予定の方

(頻繫に買い替えるほど簡単に筋力はアップしない場合が多い)

  • 重量プレート変更がめんどくさい・落下の危険性が気になる方

こんな方には固定式ダンベルがピッタリです。

スクロールできます
固定式可変式可変式可変式
豊富な
ラインナップ
定番プレートタイプオシャレで
コンパクト
簡単重量調節
2kg刻み新モデル
おすすめモデル

本記事では筆者の実体験や調査結果をもとに、以下の内容をご紹介します。

この記事でわかること
  • 固定式・可変式ダンベルのメリットとデメリットがわかる
  • 初心者が扱うダンベル重量の目安が分かる
  • おすすめのダンベルがわかる
タップできる目次

固定式ダンベルと可変式ダンベルの比較

ダンベルにはざっくりと「固定式ダンベル」と「可変式ダンベル」の2種類があります。

主な特徴を以下の表で比較しています。

スクロールできます
固定式可変式
重量変更できないできる
価格1ヶ当りは
比較的安い
比較的高いが
1セットあれば良い
収納
スペース
数を揃えると
場所をとる
単体は大きいが
場所をとらない
めんど
くささ
とくになし重量変更に
手間がかかる

固定式ダンベルのメリット・デメリット

出典元:Amazon

固定式ダンベルのメリット

固定式ダンベルのメリット
  • 重量変更の必要がなく簡単
  • 可変式ダンベルに比べ比較的安価
  • 部品やプレートが固定されていて安心感がある

部品の落下事故が起きない安心感」があるのは固定式ダンベルの大きなメリット。

「重りプレート」を付け外しする可変式ダンベルの場合、セッティングの不備があると落下して怪我をする恐れがあります。

固定式ダンベルのデメリット

固定式ダンベルのデメリット
  • 重量変更が出来ないため、結果的に可変式ダンベルより費用がかかる可能性がある
  • 数が増えれば広い収納スペースが必要になる

近い将来どんどん負荷を重くしていきたい場合、またダンベルトレーニングの種目に合わせて重量を変更したい場合には違う重さを必要な分だけ追加購入する必要があります

その分収納スペースも必要になってきます。

逆に健康維持などを目的にまったりと筋トレをする予定の方には固定式ダンベルはピッタリです

筆者

ゆったりとした筋トレスケジュールを予定している方重り落下が怖い方は固定式ダンベルがおすすめです

可変式ダンベルのメリット・デメリット

出典元:Amazon

可変式ダンベルのメリット

可変式ダンベルのメリット
  • 重量が変更できるため、結果的に費用が安く済む可能性がある
  • 1セットで色んな部位が鍛えられる
  • 重量選定で失敗リスクが低い

可変式ダンベルのメリットは何と言っても重量が変更できること

3~5種類くらいの重量を揃えるなら結果的に可変式ダンベルの方が費用が安く済みます

初心者の場合そもそも「どのくらいの重さが自分に合うのか分からない」と思います。

可変式ダンベルの場合重量が変更できますので、重量選定で失敗しずらいと言えるでしょう。

またダンベルトレーニングでは腕や胸、肩・背中など部位によって重量調節が必須なので、その点でも可変式ダンベルが有利と言えます。

可変式ダンベルのデメリット

可変式ダンベルのデメリット
  • 固定式ダンベルに比べ比較的高い
  • 重りプレート落下の危険性がある
  • 重りプレートの付け替えが多少めんどくさい

「重りプレートの落下が怖い」ということがありますので、安い類似品はやめておいたほうが無難です。

可変式ダンベルの場合プレートの付け替えが必要ですが、高級なダンベルだとサッと重量変更出来るものがあります。

筆者

初心者で適正重量が分からない場合や、色んな部位を鍛えたい継続的に筋力アップを目的にトレーニングしていくなら可変式ダンベルがおすすめ

【ダンベル初心者の男性におすすめ】重さの目安は?

次に重さの選定です。

一般的に初心者が扱うダンベル重量の目安としてはこのくらいです。

*個人差がありますのであくまで目安程度です。

片方5~10㎏筋力低め
片方5~15㎏筋力普通
片方5~20㎏筋力高め

なぜ幅をもたせてあるかというと、筋力の差もそうなんですが「もう一つ大事なこと」があります。

それは種目によって扱える重さが全然違うということです。

例えば上腕二頭筋(いわゆる力こぶ)を鍛えるダンベルカールは10kgで出来るかもしれません。

しかし三角筋(肩)を鍛えるサイドレイズは5kgでも重く感じるでしょう。

つまり効果的な筋力強化を目的としていれば、固定式ダンベルの場合、何種類か必要になります。

筆者

可変式ダンベルは15kgか20kgタイプを選べば良いので簡単です

筋力に自信のある人や、長期間継続使用したい人は30kg、40kgでもOKです

ちなみに30代ミスター平均点の私は当初、10kgのダンベルでも思ったより重く感じました

無理して高重量を扱うのは絶対やめましょう。

フォームが乱れ効果的なトレーニングが出来ない可能性がありますし、なにより怪我の危険性があります。

【初心者におすすめ】ダンベルの選び方:結論

片手15~20kg程度の「可変式ダンベル」

個人的には「可変式ダンベル」をおすすめします。

実際のところ初心者は使ってみないと自分に合う重さは分からないと思いますので、重量が調整できる可変式ダンベルが無難でしょう。

重量に関しては大は小を兼ねますので可変式ダンベルの場合、15~20kgがおすすめ。

固定式ダンベルを検討しても良い方

  • 可変式ダンベルの重り落下が不安な方
  • まったりとした筋トレを予定している方

すぐに重量が物足りなくなる可能性もありますが、「たまに数十分程度の筋トレ」みたいな感じだとそこまで頻繫に追加購入するほど筋力アップするのは逆に難しいと思います。

まったりとした筋トレスケジュールを予定されている初心者の方は、「5kg~10kg程度の固定式ダンベル」で様子を見ても良いんじゃないでしょうか。

自宅トレーニング初心者の男性におすすめのダンベル4選

固定式ダンベル/HEXダンベル

出典元:Amazon
タイプ固定式ダンベル
価格目安7,280円(Amazon調査価格)
重さ10kg
(他の重量も選択できます)
個数2ヶ
種類3kg、5kg、7.5kg、10kg、12.5kg、15kg、20kg、25kg
特徴・置いても転がらない
・落下の衝撃を軽減するコーティング

オーソドックスなタイプの固定式ダンベルです。

おすすめポイントは「選べる重量の種類が多い」こと。

固定式ダンベルは何個か買うことになると思いますので、重さごとに違う種類のダンベルになるのが嫌という方は同シリーズで揃えれるバリエーション豊富なこの商品はおすすめです。

中にはラインナップに低重量しかない固定ダンベルもあるので気を付けて購入しましょう。

可変式ダンベル/Wolfyok

出典元:Amazon
タイプ可変式ダンベル
価格目安13,480円
(Amazon調査価格)
調整片手15kgタイプ
(他の重量も選択できます)
4種類のプレートで調整
(1.25kg、2kg、2.5kg、3kg)
個数2ヶ
特徴・バーベルにもなる

定番タイプの比較的安価な「可変式ダンベル」。

この商品はバーベルにもなる優れもので、トレーニングの幅が広がります。

可変式ダンベル/NORTHDEER SPORTS

出典元:Amazon
タイプ可変式ダンベル
価格目安16,999円
(Amazon調査価格)
調整片手10kgタイプ
(他の重量も選択できます
5kg、7kg、8kg、10kg、15kg)
個数2ヶ
特徴・コンパクトな設計

見た目がまるで固定式ダンベルのような「可変式ダンベル」。

Amazonの評判や口コミが非常に良い商品です。

比較的値は張りますが、初心者がちょっと筋トレするにはもってこいの商品ですね。

見た目の高級感と、重りを直接ねじ込むという設計で固定ダンベル並にコンパクトなのが良いです。

ゴムリング付きなので床に置く際に「傷がつきにくい」「静か」といった特徴も自宅トレにピッタリです。

可変式ダンベル/フレックスベル

出典元:Amazon
タイプ可変式ダンベル
価格目安48,880円
(Amazon調査価格)
調整片手20kgタイプ
2kg刻み10段階
(4kg刻みは旧タイプです)
個数2ヶ
特徴グリップを回すだけ、
片手で簡単重量調整

可変式ダンベルの定番高級モデルのひとつ「フレックスベル」。

安価なプレートタイプと何が違うかというと一番は重量調整が簡単なこと。

プレートタイプはカラー(両サイドに付けるプレート止めのナット)をクルクル回して外す必要があります。

その点フレックスベルはグリップを回すだけで簡単に重量調整出来ます。

また重くなればなるほど外側に重りが追加されるタイプなので、無駄に長くならないコンパクトな設計も良いです。

高級ダンベルを選ぶならこれでしょう。

可変式/フレックスベル(おすすめ)

可変式/パワーブロック(サイト内で重量・個数選択可)

【ダンベル初心者の男性におすすめ】重さの目安や選び方:まとめ

おすすめダンベルまとめ

定番の固定式

固定式/HEXダンベル

定番プレートタイプ

可変式/Wolfyok

コンパクトな可変式

可変式/Northdeer SPORTS

高級・高性能

可変式/フレックスベル

腕立て伏せなどの自重トレーニングも良いですが、やはり効率的に筋力を付けようと思うとダンベルやジムの機械によるトレーニングが必要です。

ダンベルは初心者~上級者まで使用しますので、1度購入すれば長く使えるおすすめのトレーニング器具です。

より効果的にダンベルトレーニングを行うためには、トレーニングベンチも用意しましょう。

腕の可動域が広がるので、胸トレなどでより負荷をかけることが出来ます。

【トレーニングベンチ】自宅トレにおすすめ|ダンベルを使った筋トレの必需品

細マッチョを目指すにはプロテインダイエットもおススメです。

> メンズのプロテインダイエット総まとめ|おすすめや選び方

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる